現在地
Home > 関西光科学研究所 > 関西光科学研究所 | 第60回KPSIセミナー、量子生命科学セミナー 細胞増殖因子と受容体を標的とする環状ペプチド創薬

関西光科学研究所

関西光科学研究所 | 第60回KPSIセミナー、量子生命科学セミナー 細胞増殖因子と受容体を標的とする環状ペプチド創薬

掲載日:2019年5月29日更新
印刷用ページを表示

関西光科学研究所 >> KPSIセミナー >> 細胞増殖因子と受容体を標的とする環状ペプチド創薬

 

セミナー

第60回KPSIセミナー、量子生命科学セミナー

細胞増殖因子と受容体を標的とする環状ペプチド創薬

 

講演者 松本 邦夫 教授
(金沢大学 がん進展制御研究所、WPIナノ生命科学研究所)
場所 関西光科学研究所 ITBL棟 G201号室
日時 2019年6月4日(火曜日)13時30分~
要旨 [PDFファイル/90KB]

細胞増殖因子と受容体を標的とする環状ペプチド創薬

松本 邦夫 教授
(金沢大学 がん進展制御研究所、WPIナノ生命科学研究所)

概要

Activation of hepatocyte growth factor (HGF)-MET receptor pathway drives cell proliferation, migration, morphogenesis (3-D tubulogenesis), and survival, thereby participates in regeneration of damaged tissues. On the other hand, aberrant activation of MET is associated with progression of cancer, particularly drug resistance and invasion-metastasis. By RaPID (Random Peptide Integrated Discovery) system, we obtained macrocyclic peptides that specifically bind to either HGF or MET receptor with 1-10 nM Kd values. The cross-linking of MET-binding macrocyclic peptides, that is the bivalent display of MET-binding peptide, conferred them an ability to activate MET. On the other hand, HGF-inhibitory peptide-8 (HiP-8) was obtained as an inhibitory macrocyclic peptide against HGF. Observation by high-speed atomic force microscopy indicated that the binding of HiP-8 to HGF suppress dynamic molecular movement of HGF. Using HiP-8 as a molecular probe, accumulation of HGF in cancer tissue could be detected by PET (Positron Emission Tomography) imaging. Selective detection and/or inhibition of HGF by HiP-8 is expected to be better diagnosis and/or therapeutics in drug discovery targeting HGF-MET.

 

[前の記事]
第59回KPSIセミナー 形態学的な超伝導体超伝導材料における基礎的発見
[次の記事]
第61回KPSIセミナー 無走査共焦点画像のためのデュアルコム顕微鏡

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
Adobe Reader provided by Adobe is required to view PDF format files.