現在地
Home > 関西光科学研究所 > 関西光科学研究所 | 第59回KPSIセミナー 形態学的な超伝導体超伝導材料における基礎的発見

関西光科学研究所

関西光科学研究所 | 第59回KPSIセミナー 形態学的な超伝導体超伝導材料における基礎的発見

掲載日:2019年5月20日更新
印刷用ページを表示

関西光科学研究所 >> KPSIセミナー >> 形態学的な超伝導体超伝導材料における基礎的発見

 

セミナー

第59回KPSIセミナー

形態学的な超伝導体超伝導材料における基礎的発見

 

講演者 William Rieken (博士課程大学院生)
(奈良先端大学院大学物質創成科学研究科 凝縮系物性学研究室)
場所 関西光科学研究所 ITBL棟 G201号室
日時 2019年5月23日(木曜日)14時15分~
要旨 [PDFファイル/145KB]

形態学的な超伝導体超伝導材料における基礎的発見

William Rieken (博士課程大学院生)
(奈良先端大学院大学物質創成科学研究科 凝縮系物性学研究室)

概要

Current applied research for the first known fabrication of morphological high temperature superconductors of YBa2Cu3Ox (YBCO) and applications — in the form of morphologies of rods, tubes, wafers and spirals presented.

A significant finding is that the novel morphological HTSC materials are superconducting without the need for further sintering or oxygenation, providing an avenue for the application of YBa2Cu3Ox to substrates at room temperatures or direct use in the form of powder.

A discovery of morphological structures is presented using the following measurement instruments. Transmission electron microscope (TEM) and scanning electron microscope (SEM) images reveal the tubular morphology of the structures. Application of X-ray diffraction showed that the powder consisted of nanorods and nanotubes predominantly of the YBa2Cu3Ox phase. A critical superconducting transition temperature Tc of 92 K in a critical magnetic field of 10 Oe, along with observing the Meissner effect.

 

[前の記事]
第58回KPSIセミナー Photonics research at KTH: fundamentals, materials, and communication.
[次の記事]
第60回KPSIセミナー、量子生命科学セミナー 細胞増殖因子と受容体を標的とする環状ペプチド創薬

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
Adobe Reader provided by Adobe is required to view PDF format files.