現在地
Home > 関西光科学研究所 > 関西光科学研究所 | 第20回KPSIセミナー Current status of the LULI laser facilities

関西光科学研究所

関西光科学研究所 | 第20回KPSIセミナー Current status of the LULI laser facilities

掲載日:2019年1月31日更新
印刷用ページを表示

関西光科学研究所 >> KPSIセミナー >> Current status of the LULI laser facilities

 

セミナー

第20回KPSIセミナー

Current status of the LULI laser facilities

 

講演者 Ji-Ping ZOU
(フランス高強度レーザー研究所)
職位 博士
場所 関西光科学研究所 ITBL棟 G201号室
日時 4月17日(月曜日)10時30分~
使用言語 英語
要旨 [PDFファイル/370KB]

Current status of the LULI laser facilities

Dr Ji-Ping ZOU
(フランス高強度レーザー研究所)

概要

LULI is the major French national physics research center for fundamental research and applications in plasma physics. This very large European and National laser facility develops continuously its multi-beam, multiple pulse duration (fs-ns), high energy laser systems. In my talk, after a brief presentation of the “LULI2000” and “ELFIE” which are two Nd3+: glass facilities under operation, a synthesis will be given on the Apollon 10 PW laser currently under construction: its architecture, laser implementation advances, as well as some discussions about the theoretical investigations of the spatio-temporal coupling effects acting on the Apollon laser pulse duration, pulse contrast and beam focal spot quality on target.

 

[前の記事]
第19回KPSIセミナー 医薬品製造における応用のためのレーザー駆動ビームの産業関与と開発
[次の記事]
第21回KPSIセミナー Probing quantum vacuum nonlinearities with high-intensity lasers

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
Adobe Reader provided by Adobe is required to view PDF format files.