現在地
Home > 量子医学・医療部門 > 放射線医学総合研究所創立60周年記念講演会を開催しました

量子医学・医療部門

放射線医学総合研究所創立60周年記念講演会を開催しました

掲載日:2018年12月26日更新
印刷用ページを表示

2017年11月27日(月曜日)に京葉銀行文化プラザ音楽ホール(千葉市)にて放医研創立60周年記念講演会を開催しました。重粒子線がん治療の短期化に関する成果、認知症の診断に役立つ脳機能イメージング研究の成果、動物実験による子どもの被ばく影響研究の成果、福島第一原発事故などでの被ばく医療活動といった、過去10年間の代表的な研究・活動と展望をご紹介しました。メモを取りながら講演を聞くなど来場者の多くが熱心に耳を傾けていました。
茨城大学の岡田誠教授による「チバニアンと地磁気逆転」と題した特別講演では、チバニアン命名に至る経緯をご披露いただき、会場は大いに盛り上がりました。
定員を上回る約860名ものご参加をいただき、お席の不足などでご不便・ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。皆さまのご来場、誠にありがとうございました。

会場内の様子の画像
会場内の様子

岡田教授による特別講演の画像
岡田教授による特別講演

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?