現在地
Home > 量子医学・医療部門 > 放射線障害治療研究部放射線がん生物学研究チームの平山亮一研究員が、平成27年度放射線影響研究奨励賞を受賞しました

量子医学・医療部門

放射線障害治療研究部放射線がん生物学研究チームの平山亮一研究員が、平成27年度放射線影響研究奨励賞を受賞しました

掲載日:2018年12月26日更新
印刷用ページを表示

放射線障害治療研究部 平山主任研究員が平成27年度放射線影響研究奨励賞を受賞しました

放射線障害治療研究部放射線がん生物学研究チームの平山亮一主任研究員が公益財団法人放射線影響協会の平成27年度放射線影響研究奨励賞を受賞しました。受賞対象となった業績は「光子ならびに粒子放射線が及ぼす生体応答と酸素効果」です。

受賞研究の概要は放影協ニュース 2016.4,No.87に掲載されています。

※放射線影響研究奨励賞とは
我が国の科学技術の進展及び国民保健の増進に寄与することを目的に、放射線の生物及び環境への影響、放射線の医学的利用の基礎ならびに放射線障害の防止など、放射線科学研究の分野において活発な研究活動を行い、将来性のある若手研究者に贈られる賞です。

賞状を手にした平山亮一主任研究員の写真
賞状を手にした平山亮一主任研究員

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?