現在地
Home > 量子医学・医療部門 > 日本放射線腫瘍学会生物部会賞を受賞しました

量子医学・医療部門

日本放射線腫瘍学会生物部会賞を受賞しました

掲載日:2018年12月26日更新
印刷用ページを表示

放射線障害治療研究部 平山主任研究員が日本放射線腫瘍学会生物部会賞を受賞しました

放射線障害治療研究部放射線がん生物学研究チームの平山亮一主任研究員が日本放射線腫瘍学会生物部会賞を受賞しました。この賞は、同部会への貢献や放射線治療生物学に関して優れた内容の研究に対し贈られるものです。

受賞理由

平山主任研究員は特に重粒子線が誘導する生物効果や低酸素に対する放射線抵抗性の克服について、細胞や動物実験によりその特異的な現象のメカニズムの解明を、DNA損傷やその修復作用、放射線誘発フリーラジカルの観点から進めてきました。これらの研究は、放射線治療生物学研究の活性化に貢献するものと評価され、今回の受賞につながりました。

賞状を手にした平山亮一主任研究員の写真
賞状を手にした平山亮一主任研究員

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?