現在地
Home > 量子医学・医療部門 > 日本放射線影響学会女性研究者顕彰・岩崎民子賞を受賞しました

量子医学・医療部門

日本放射線影響学会女性研究者顕彰・岩崎民子賞を受賞しました

掲載日:2018年12月26日更新
印刷用ページを表示

放射線医学総合研究所・放射線防護情報統合センターの神田玲子センター長が、「日本放射線影響学会女性研究者顕彰・岩崎民子賞」を受賞しました。

この賞は放射線影響学の領域で継続的に研究活動を行い、その研究活動によって放射線影響学領域の研究の活性化と日本放射線影響学会の発展に顕著な貢献をした女性研究者に対して授与されます。今回の受賞は、「生物学的および社会科学的アプローチによる放射線リスクの定量化」の研究業績が認められたものです。

授賞式の様子(神田玲子センター長は左)の画像
授賞式の様子(神田玲子センター長は左)

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?