現在地
Home > 量子医学・医療部門 > 第10回国際α線内用療法シンポジウムでTravel Awards for Young Researchersを受賞しました

量子医学・医療部門

第10回国際α線内用療法シンポジウムでTravel Awards for Young Researchersを受賞しました

掲載日:2018年12月26日更新
印刷用ページを表示

2017年5月30日(火曜日)から6月1日(木曜日)に金沢市の石川県立音楽堂邦楽ホールで開催された第10回国際α線内用療法シンポジウムにおいて、放射線医学総合研究所 臨床研究クラスタ重粒子線治療研究部の李 惠子 連携大学院生/日本学術振興会の特別研究員が演題「Locoregionalα-radioimmunotherapy against peritoneal metastasis of gastric cancer」で『Travel Awards for Young Researchers』を受賞しました。

表彰状を手にした李 惠子 連携大学院生
表彰状を手にした李 惠子 連携大学院生

記念写真
李 惠子 連携大学院生(中央)と現地主催者の先生方

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?