現在地
Home > 量子医学・医療部門 > 第36回日本医用画像工学会大会にて奨励賞を受賞

量子医学・医療部門

第36回日本医用画像工学会大会にて奨励賞を受賞

掲載日:2018年12月26日更新
印刷用ページを表示

放射線医学総合研究所 分子イメージング診断治療研究部 立花泰彦 主任研究員が第36回日本医用画像工学会大会(平成29年7月27~29日開催,岐阜市)にて奨励賞を受賞しました。奨励賞は全114演題のうち、12演題に授与されました。

受賞演題は「畳み込み深層ニューラルネットワークを画像診断に用いるために有用な前処置ソフトウェアの開発」です。

賞状を手にした立花泰彦 主任研究員と研究グループメンバー
賞状を手にした立花泰彦 主任研究員と研究グループメンバー

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?