現在地
Home > 量子医学・医療部門 > MICROS2017においてTravel award to young investigators (Micros2017 award)を受賞しました

量子医学・医療部門

MICROS2017においてTravel award to young investigators (Micros2017 award)を受賞しました

掲載日:2018年12月26日更新
印刷用ページを表示

2017年11月5-10日にイタリアで開催された国際学会:Micros2017 - 17th International Symposium on Microdosimetry(MICROS2017)において、放医研マイクロビーム照射装置SPICEを用い、照射がん細胞と非照射の正常細胞間コミュニケーションによって照射がん細胞のDNA損傷修復が促進されること、またそれには細胞間のギャップジャンクションが関与していることを示した成果発表に対して、放射線医学総合研究所 静電加速器運転室小林亜利紗技術員が、Travel award to young investigators (Micros2017 award)を受賞しました。

受賞タイトルは「Bystander WI-38 cells modulate DNA double strand break repair in microbeam targeted A549 cells through gap junction intercellular communication」です。

静電加速器運転室の小林亜利紗
静電加速器運転室 小林亜利紗技術員

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?