現在地
Home > 量子医学・医療部門 > 電離放射線に対する個体反応に係るワークショップ -個体反応への影響因子に関する最新の科学的根拠-を開催しました

量子医学・医療部門

電離放射線に対する個体反応に係るワークショップ -個体反応への影響因子に関する最新の科学的根拠-を開催しました

掲載日:2018年12月26日更新
印刷用ページを表示

本ワークショップは、2018年12月12日、国立がん研究センターの協力を得て、同センター築地キャンパス新研究棟にて、国際放射線防護委員会(ICRP)、放射線影響研究所及び量研の共催で開催されました。

セッションでは、3機関の研究者をはじめ、日本放射線腫瘍学会及び日本医学放射線学会から、本分野の最新の研究について講演があり、意見交換が行われました。

集合の画像
集合写真

平野理事長とICRP委員との挨拶の様子の画像
平野理事長とICRP委員との挨拶の様子

講演の様子の画像
講演の様子

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?