現在地
Home > 量子医学・医療部門 > ダイバーシティ合同発表会で敢闘賞を受賞しました

量子医学・医療部門

ダイバーシティ合同発表会で敢闘賞を受賞しました

掲載日:2018年12月26日更新
印刷用ページを表示

放医研臨床研究クラスタ重粒子線治療研究部放射線がん生物学研究チームの中島菜花子研究員が2018年12月21日に東邦大学で行われた、ダイバーシティ合同研究発表会で2位にあたる敢闘賞を受賞しました。発表タイトルは「放射線とエピゲノムによる免疫療法の増強効果」で、千葉大学、山口大学の先生との共同研究について、共同研究ならではの効果・成果を交えて発表されました。

 

賞状を手にする中島研究員
重粒子線治療研究部 中島菜花子研究員

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?