現在地
Home > 量子医学・医療部門 > 2018年度 Most Citation Awardを受賞しました

量子医学・医療部門

2018年度 Most Citation Awardを受賞しました

掲載日:2019年4月26日更新
印刷用ページを表示

2019年4月14日パシフィコ横浜において、量子医学・医療部門 放射線医学総合研究所 先物理工学部サイクロトロン運転室 宮原信幸主幹研究員が、公益社団法人 日本放射線技術学会より2018年度 Most Citation Awardを受賞しました。

 この賞は、英語論文誌編集委員会および表彰委員会の推薦と、本会と日本医学物理学会の理事会承認を経て、功績が認められた者に贈られます。

 

論文名:Evaluation of X‐ray doses and their corresponding biological effects on experimental animals  in cone‐beam micro‐CT scans (R‐mCT2)

著者:  宮原 信幸 他

掲載誌:Radiological Physics and Technology, Vol.9 (2015) 掲載

宮原主幹研究員

量子医学・医療部門 放射線医学総合研究所 先物理工学部サイクロトロン運転室 宮原信幸主幹研究員(右)

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?