現在地
Home > 量子医学・医療部門 > 14th Tihany Symposium on Radiation Chemistryで若手賞を受賞しました

量子医学・医療部門

14th Tihany Symposium on Radiation Chemistryで若手賞を受賞しました

掲載日:2019年6月18日更新
印刷用ページを表示

2019年5月25日~30日にHungary Siófokで開催されました、14th Tihany Symposium on Radiation Chemistryにおいて、量子医学・医療部門 高度被ばく医療センター 計測・線量評価部 楠本 多聞 博士研究員が、若手賞を受賞しました。この賞は、International Irradiation Association (iia) がサポートしています。

発表タイトルは、「A two-step degradation process for organic compounds containing carbonyl and/or ether moieties exposed to low-energy electrons」です。

 

高度被ばく医療センター計測・線量評価部 楠本 多聞 博士研究員

高度被ばく医療センター計測・線量評価部 楠本 多聞 博士研究員

 

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?