現在地
Home > 量子医学・医療部門 > 日本ポーラログラフ学会2019年度志方メダル賞を受賞しました

量子医学・医療部門

日本ポーラログラフ学会2019年度志方メダル賞を受賞しました

掲載日:2020年3月17日更新
印刷用ページを表示

2019年11月6日~8日 国立台湾大学において開催された、第65回ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論会において、量子医学・医療部門 放射線医学総合研究所 放射線障害治療研究部 上原 章寛 主任研究員が、生体内ウランの酸化状態解析の足掛かりとなるin-situ X線分光電気化学分析に関する研究で志方メダルを受賞しました。

討論タイトル

「Spectroelectrochemical Study on Reduction Processes of Noble Metal and Actinide Ions」

上原主任研究員

放射線医学総合研究所 放射線障害治療研究部 上原 章寛 主任研究員

 

 

 

 

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?