現在地
Home > 関西光科学研究所 > 関西光科学研究所 | 第54回KPSIセミナー ガンマ線測定のための基本技術とレーザー誘導ガンマ線源のためのアイデア

関西光科学研究所

関西光科学研究所 | 第54回KPSIセミナー ガンマ線測定のための基本技術とレーザー誘導ガンマ線源のためのアイデア

掲載日:2019年4月9日更新
印刷用ページを表示

関西光科学研究所 >> KPSIセミナー >> ガンマ線測定のための基本技術とレーザー誘導ガンマ線源のためのアイデア

 

セミナー

第54回KPSIセミナー

ガンマ線測定のための基本技術とレーザー誘導ガンマ線源のためのアイデア

 

講演者 早川 岳人 上席研究員
(QST 東海量子ビーム応用研究センター)
場所 関西光科学研究所 ITBL棟 G201号室
日時 2019年4月15日(月曜日)13時15分~
要旨 [PDFファイル/93KB]

ガンマ線測定のための基本技術とレーザー誘導ガンマ線源のためのアイデア

早川 岳人 上席研究員
(QST 東海量子ビーム応用研究センター)

概要

I talk about basic experimental techniques for gamma-rays in the energy region from 20 keV to 10 MeV. In general, the gamma-rays can be measured directly by germanium (Ge) semi-conductor detectors and scintillation detectors. I discuss the features for these detectors and basic property. As a new gamma-ray source, laser driven gamma-rays are expected to be developed. It has some excellent advantages of brightness and continues energy distribution compared with the laser Compton scattering gamma-ray beams. However, the common experimental techniques are not suitable for the laser driven gamma-rays. I discuss some proposals to measure laser driven gamma-rays.

 

[前の記事]
第53回KPSIセミナー 脊椎動物細胞におけるDNA損傷応答機構の逆遺伝学的解析とその応用例
[次の記事]
第55回KPSIセミナー Effects of hole-boring and relativistic transparency on particle acceleration in overdense plasma irradiated by short multi-PW laser pulses

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
Adobe Reader provided by Adobe is required to view PDF format files.