現在地
Home > 関西光科学研究所 > 関西光科学研究所 | 第64回KPSIセミナー 赤外域における高強度数サイクル光源の開発とその一酸化窒素・二酸化窒素の超高速軟X線分光応用

関西光科学研究所

関西光科学研究所 | 第64回KPSIセミナー 赤外域における高強度数サイクル光源の開発とその一酸化窒素・二酸化窒素の超高速軟X線分光応用

掲載日:2019年7月9日更新
印刷用ページを表示

関西光科学研究所 >> KPSIセミナー >> 赤外域における高強度数サイクル光源の開発とその一酸化窒素・二酸化窒素の超高速軟X線分光応用

 

セミナー

第64回KPSIセミナー

赤外域における高強度数サイクル光源の開発とその一酸化窒素・二酸化窒素の超高速軟X線分光応用

 

講演者 石井 順久 主幹研究員
(関西光科学研究所 超高速光物性研究グループ)
場所 関西光科学研究所 ITBL棟 G201号室
日時 2019年7月18日(木曜日)10時00分~
要旨 [PDFファイル/89KB]

赤外域における高強度数サイクル光源の開発とその一酸化窒素・二酸化窒素の超高速軟X線分光応用

石井 順久 主幹研究員
(関西光科学研究所 超高速光物性研究グループ)

概要

Recent advance in the development of intense (few-cycle) light sources in the near- to mid-infrared region of the spectrum has triggered strong-field experiments in gaseous media as well as in solids. Conventional Ti:sapphire lasers have been frequently used to produce high harmonics and attosecond pulses in the extreme ultraviolet region. Because the operation wavelength of Ti:sapphire lasers stays around 800 nm, it has not been possible to extend further the cutoff energy of high harmonics toward the soft x-ray spectral region. To overcome this limitation, an intense, few-cycle, infrared light source (1.5 mJ, 10 fs, 1600 nm, 1 kHz) has been developed based on an optical parametric chirped-pulse amplifier with bismuth triborate (BiB3O6, BIBO) crystals pumped by a Ti:sapphire chirped-pulse amplification laser. Using the infrared light source, we demonstrate the generation of carrier-envelope phase-dependent high harmonics beyond the carbon K edge (284 eV), which is the low energy edge of the water window region (284 – 540 eV). Furthermore, the generated soft x-ray high harmonics have been applied to measure the ultrafast electron and nuclear dynamic of nitric oxide and nitrogen dioxide upon photo ionization using a soft x-ray continuum around the nitrogen K edge (400 eV) as a probe.

 

[前の記事]
第63回KPSIセミナー 固体の高次高調波発生とプラズモニック増強場による駆動
[次の記事]
第65回KPSIセミナー The Spanish Petawatt Laser: high repetition rate challenges

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
Adobe Reader provided by Adobe is required to view PDF format files.