現在地
Home > 関西光科学研究所 > 関西光科学研究所 | 第65回KPSIセミナー The Spanish Petawatt Laser: high repetition rate challenges

関西光科学研究所

関西光科学研究所 | 第65回KPSIセミナー The Spanish Petawatt Laser: high repetition rate challenges

掲載日:2019年7月24日更新
印刷用ページを表示

関西光科学研究所 >> KPSIセミナー >> The Spanish Petawatt Laser: high repetition rate challenges

 

セミナー

第65回KPSIセミナー

The Spanish Petawatt Laser: high repetition rate challenges

 

講演者 Luis Roso教授
(サマランカ大学(スペイン)パルスレーザーセンター)
場所 関西光科学研究所 ITBL棟 G201号室
日時 2019年7月25日(木曜日)11時00分~
要旨 [PDFファイル/118KB]

The Spanish Petawatt Laser: high repetition rate challenges

Luis Roso教授
(サマランカ大学(スペイン)パルスレーザーセンター)

概要

At the Salamanca Pulsed Lasers Center we are operating the VEGA laser. VEGA has a common front end and one line, VEGA-2, at 200 TW (6J/30 fs 10Hz) and other line, VEGA-3, at PW (30J/30 fs, 1 Hz). In both cases we are trying to specialise the center in high repetition rate experiments, because the future of the technology is to increase the repetition rate, particularly if one is looking for practical applications in technology of in biomedicine. Operating those high intensity systems at single shot is relatively straightforward. However, operation at full repetition rate implies a number of relevant challenges. Some of the difficulties are related to the laser itself, but most of them to the experimental set-up and the detection. The talk will present the Salamanca Pulsed Lasers Center, the laser VEGA, and will analyse the challenges we need to face for high intensity high repetition rate experiments, particularly with high density targets.

 

[前の記事]
第64回KPSIセミナー 赤外域における高強度数サイクル光源の開発とその一酸化窒素・二酸化窒素の超高速軟X線分光応用
[次の記事]
第66回KPSIセミナー 分子動力学シミュレーションに基づく液体中熱伝導の分子スケール描像

 

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
Adobe Reader provided by Adobe is required to view PDF format files.