現在地
Home > 関西光科学研究所 > 関西光科学研究所 | 第38回KPSIセミナー 複雑な生物学的問題のための簡単な静電モデル

関西光科学研究所

関西光科学研究所 | 第38回KPSIセミナー 複雑な生物学的問題のための簡単な静電モデル

掲載日:2019年2月27日更新
印刷用ページを表示

関西光科学研究所 >> KPSIセミナー >> 複雑な生物学的問題のための簡単な静電モデル

 

セミナー

第38回KPSIセミナー

複雑な生物学的問題のための簡単な静電モデル

 

講演者 Prof. Gautam Basu
(ボズ研究所、生物物理部/インド)
場所 関西光科学研究所 ITBL棟 G201号室
日時 2018年5月30日(水曜日)13時30分~
使用言語 英語
要旨 [PDFファイル/148KB]

複雑な生物学的問題のための簡単な静電モデル

Prof. Gautam Basu
(ボズ研究所、生物物理部/インド)

概要

Interaction between two protein molecules or interaction between a small molecule and a large protein drive a plethora of biological functions. However, to be biologically relevant, these interactions must be specific. In other words, the ‘right’ pair should interact but not the ‘wrong’ pair. Therefore, evolution must have incorporated both ‘positive’ and ‘negative’ design in the biologically relevant molecule-molecule interaction ― the positive design optimizing the interactions between two cognate partners while the negative design keeping two non-cognate partners away from each other. I will use two examples ― the case of discrimination between guanine and adenine by proteins, and, the case of protein-protein association kinetics ― to show how simple electrostatic models can explain experimental data relating to both the phenomenon. Further, because the models are very simple although they explain complex processes, this is an example of Ockham’s razor, a philosophy often used in science that the simplest among more complex hypothesis should be chosen.

 

[前の記事]
第37回KPSIセミナー ロシア科学アカデミー微細構造物理学研究所におけるEUVおよび軟X線光学素子の作製
[次の記事]
第39回KPSIセミナー 分解能4~6Åのクライオ電子顕微鏡データによるタンパク質構造決定

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
Adobe Reader provided by Adobe is required to view PDF format files.