現在地
Home > 関西光科学研究所 > 関西光科学研究所 | 第10回KPSIセミナー 大阪大学からELI-NPへ

関西光科学研究所

関西光科学研究所 | 第10回KPSIセミナー 大阪大学からELI-NPへ

掲載日:2019年1月17日更新
印刷用ページを表示

関西光科学研究所 >> KPSIセミナー >> 大阪大学からELI-NPへ

 

セミナー

第10回KPSIセミナー

大阪大学からELI-NPへ

 

講演者 田中 和夫
(大阪大学大学院 工学研究科/ELI-NP)
職位 教授
場所 関西光科学研究所 ITBL棟 G201号室
日時 8月25日(木曜日)15時00分~
座長 近藤 公伯
使用言語 英語(予定)
要旨 [PDFファイル/68KB]

大阪大学からELI-NPへ

田中 和夫
(大阪大学大学院 工学研究科/ELI-NP)

概要

Since Dana Strickland and Gerard Mourou have invented the CPA scheme[1], ultra-intense laser systems have been developed and have been deployed all over the world covering many physics applications such as particle acceleration, laser fusion, EOS etc. Fast ignition in laser fusion involves a short laser pulse within 1-10 pico seconds in the experiments at laser intensities at 1018 W/cm2 or high above and has been my major research subject for more than 15 years [2].

How high can we reach in the laser systems? What kind of physics can be tested? To answer these questions 1023 W/cm2 intensity has been recently claimed to be built as an experimental platform at ELI-NP [3] where I am going to be deeply involved as the Science Director as of Sept 2016.

The ELI-NP will be introduced after my brief review of laser plasma physics history.

 

参照:

1. D. Strickland and G. Mourou: Opt. Commun. 56 (1985) 219.

2. M Tabak, D Hinkel, S Atzeni, EM Campbell, and KA Tanaka, Fus. Sci. Tech., 49, 254 (2006)

3. ELI-NP: http://www.eli-np.ro/

 

[前の記事]
第9回KPSIセミナー Accelerating Plasma Mirrors to Investigate Black Hole Information Loss Paradox
[次の記事]
第11回KPSIセミナー ポリインとヨウ素から成る分子錯体の研究

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
Adobe Reader provided by Adobe is required to view PDF format files.