現在地
Home > 那珂核融合研究所 > 那珂核融合研究所_カナちゃんの那珂研レポート54-2

那珂核融合研究所

那珂核融合研究所_カナちゃんの那珂研レポート54-2

掲載日:2018年12月26日更新
印刷用ページを表示

Vol.54 ニコニコ生放送のあの人にインタビュー(2)

ご本人へのインタビュー

ちょっと休憩中の花田次長
​「花田次長のことを教えてください!心の準備はいいですか?」「うん、ちょっと待ってね。」

カナ「それでは生い立ちから教えてください。
 出身地はどちらですか?」
花田「鹿児島県出水市です。
 有名なものは鶴、武家屋敷、海産物かな。」
カナ「わあ! 鶴は飼ってたんですか?」
花田「飼わないよ! シベリアから毎年飛来してくるんだよ!」
カナ「花田次長のおうちも武家屋敷だったんですか?」
花田「いや違うよ、うちは武家でもなんでもないよ。」

突飛なカナちゃんの質問にも対応する花田次長
天然記念物だぞ! 鶴は飼ったことが無い!

カナ「子供の頃なりたかった職業は何ですか?」
花田「大型トラックの運転手。」
カナ「今の職業と大分違いますね。どこに魅力を感じたのですか?」
花田「大きなものを運転できるのがかっこいいと思ったんだよ。」
カナ「大きいものを運転するところは、現在と通じていますね。」

カナ「好きな食べ物、嫌いな食べ物を教えてください。」
花田「好きなものはラーメン、九州出身なのでトンコツがいいな。
 嫌いなものは、臭いのきついもの。例えばパクチーとか。」
カナ「じゃあ、パクチーが入っているお料理は」
花田「一切食べられない。最初から入れないで、とお願いします。」
カナ「ほんとうに嫌いなんですね。
 じゃあ例えば、わからないようにお料理にこっそり入れられて、
 後から実は入ってたよとか言われたら」
花田「言われなくても臭いで入ってるってわかります。
 そんなに鈍感じゃないよ、わからないまま全部食べちゃうなんてありえない。
 カナちゃんは気づかないで食べちゃうの?」

カナ「カナは気がつかないで食べちゃうかも。」
花田「嫌いなものなのに!?」
カナ「えへへ。」

カナちゃんの鈍感さに呆れる花田次長
まずいものは、飲み込まない。 変な味がしたら食べちゃいけないよ。

カナ「趣味でやっていることは何かありますか?」
花田「最近は家庭菜園。あとは運動が好き。
 高校までは剣道をやっていました。」

カナ「わあ。じゃあ背後から近づいて闇討ちしようと思ってもばれちゃいますね。」
花田「どうだろうね、ははははは。」

カナ「自分を動物にたとえるとしたら、何ですか?」
花田「牛かな。」
カナ「花田次長は牛にどんなイメージを持っていますか?」
花田「粘り強く、ひとつのことを諦めずにやる。
 カナちゃんから見ると、違う動物の方がしっくりくるのかな?」

カナ「トラとかライオンの方が似ている気がします。
 シャー!! って言いそうです。」
花田「そういうイメージか。」
(みなさんはどんなイメージを持ちましたか?)

自分は牛だと思う花田次長
カナには牛に見えませんよ ご本人のセルフイメージは「牛」

カナ「御自身のチャームポイントはどこだと思いますか?」
花田「強いてあげるなら声かな。」
カナ「出た! 声! 声は元々大きかったのですか?」
花田「声が大きくなったのは剣道の影響。
 剣道の先生が腹から声を出さないと怒る先生だったんだよ。」

カナ「剣道って声を出しながらやるものなのですね、知りませんでした。」
花田「声を出しながら、自分の気を高めていくんだよ。
 声こそが気力の充実だとその先生は言っていたよ。」

カナ「花田次長の声のルーツは剣道だったとは。
 声が大きくてよかったことはありますか?」
花田「学会の発表の際に声がよく通るのはよかったかな。
 逆に小さい声で話す時はかなり気を遣うよ。」

声について語る花田次長
日々の鍛錬の賜物 花田次長の声はよく通ります

カナ「核融合の研究をしようと思ったのはいつですか?」
花田「大学の研究室で液体ヘリウムを扱ったとき。
 ヘリウムで冷却される超伝導コイルの開発に従事したいと思ったんだよ。」

カナ「研究をしていてやりがいを感じるのは、どんなときですか?」
花田「自分の設計に基づき、機器を製作し、必要な性能を達成したとき。」
カナ「じゃあ逆にうまくいかないときはどのように考えて目標に向かいますか?」
花田「諦めずにやるだけだよ。」
カナ「は、はい。」カナはすぐ諦めちゃう、反省します。

カナ「花田次長は現在どのような仕事をされているのですか?」
花田「私の現在の仕事は、
 那珂核融合研究所で進行中の、JT-60SAの建設工事を統括することだよ。」

カナ「工事を統括 大変そうなお仕事ですね。」

カナ「座右の銘はありますか?」
花田「仕事は修行。」
カナ「え あ、はい。(よくわかっていない)」
花田「苦労は若いうちにいっぱいやらないといけないし、
 今の年齢になってもそれは同じ。
 そう思いながら仕事をしています。」

カナ「み、みならいます。」

声について語る花田次長
毎日が修行! 仕事は修行

カナ「核融合研究に興味を持っている若者にメッセージがあればどうぞ。」
花田「核融合発電を実現するという強い気概をもって、
 研究開発に従事することを期待する。」

カナ「花田次長の夢は何ですか?」
花田「そりゃあもちろん核融合発電が実現することだよ。
 もっと言うと、核融合で発電した電気を我々が普通に使用するようになること。
 そのためにできる限り貢献し続けたいなと思っているよ。」

カナ「本日はありがとうございました。
 機会があったらまたインタビューさせてくださいね!」

最後にカナちゃんと記念撮影
​最後に記念撮影。花田次長、笑って! 

ニコニコ生放送当日の様子や、
花田次長の人柄がよくわかった楽しいインタビューでした。
カナの突飛な質問にも答えてくださってありがとうございました!
以上、花田次長突撃インタビューでした。

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?