現在地
Home > 量子医学・医療部門 > QSTがん死ゼロ健康長寿社会シンポジウムを開催しました

量子医学・医療部門

QSTがん死ゼロ健康長寿社会シンポジウムを開催しました

掲載日:2018年12月26日更新
印刷用ページを表示

平成30年6月9日(土曜日)にTKP東京駅日本橋カンファレンスセンターにて、QSTがん死ゼロ健康長寿社会シンポジウムを開催しました。

QST理事長が、重粒子線がん治療研究や標的アイソトープ治療研究の概況について紹介し、がん死ゼロ健康長寿社会の実現に向けてこれらの研究を推進していくことを表明しました。また、QSTの研究者から、重粒子線がん治療の最新成果や、次世代の重粒子線がん治療装置「量子メス」開発の展望、標的アイソトープ治療の最新成果を紹介しました。

特別講演では、門田守人先生より、日本のがん対策の歴史から、これからのがん対策として、がんになった後の治療法の開発と同時に、がんを予防するための取組にも一層力を入れていくことが重要であることなどをご講演いただきました。

特別企画のパネル討論では、医療者側と行政側それぞれの専門家から、重粒子線がん治療の普及に向けた課題、期待などが熱をもって語られ、がん死ゼロ健康長寿社会の実現に向けて示唆に富む貴重なご意見をいただくことができました。

約150名にご参加いただき、今後の研究開発に向けて有意義な集いとなりました。

当シンポジウムにて講演したスライドの一部を以下に掲載いたしました。掲載に当たり、患者データ等、一部の資料を削除しております。ご了承ください。

特別講演の様子の画像
特別講演の様子

パネル討論の様子の画像
パネル討論の様子

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
Adobe Reader provided by Adobe is required to view PDF format files.