現在地
Home > 量子医学・医療部門 > 放射線影響研究奨励賞を受賞しました

量子医学・医療部門

放射線影響研究奨励賞を受賞しました

掲載日:2018年12月26日更新
印刷用ページを表示

公益財団法人放射線影響協会の平成28年度放射線影響研究奨励賞を受賞しました

放射線医学総合研究所 放射線影響研究部幹細胞発がん研究チームの鶴岡千鶴研究員が公益財団法人放射線影響協会の平成28年度放射線影響研究奨励賞を受賞しました。

この賞は、放射線の生物および環境への影響、放射線の医学的利用の基礎並びに放射線障害防止など放射線化学研究の分野において、活発な研究活動を行っている、将来性のある若手研究者に対し公益財団法人放射線影響協会より授与されるものです。今回の賞は、昨年度プレス発表を行った「低線量率被ばく後に生じるがんの発がんメカニズム解析」の研究業績が認められたものです。

表彰状を手にした研究員
表彰状を手にした鶴岡千鶴研究員(向かって左)

授賞後の記念撮影
受賞後の記念撮影(前列向かって右から2番目が鶴岡千鶴研究員)

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?