現在地
Home > 量子医学・医療部門 > 放射性物質環境動態調査事業報告会 放射線科学から見る福島の環境とその展望

量子医学・医療部門

放射性物質環境動態調査事業報告会 放射線科学から見る福島の環境とその展望

掲載日:2019年7月2日更新
印刷用ページを表示

 

日時

令和元年9月9日(月曜日) 9時30分 ~ 16時00分

会場

コラッセふくしま (福島県福島市三河南町1番20号)

・ 講演会(4階多目的ホール)

・ ポスター発表(3階企画展示室)

 

開催概要

主催

国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構

量子医学・医療部門 高度被ばく医療センター 福島再生支援研究部

開催趣旨

平成23年の東日本大震災を契機に福島復興支援本部が組織され、放射線科学研究の面より原子力災害からの復興支援活動が継続されてきています。この研究活動の内「放射性物質環境動態調査事業」において、放射性物質の動態や放射線が住民の周辺環境に与える影響を調査し、住民が周辺環境を通して受ける被ばく線量を評価してきました。これまでの研究・調査結果を総括して報告すると共に、研究・調査内容を今後も継続、発展させていくための課題を検討し、福島の復興・再生のための将来展望を構築する機会とすることを目的として本報告会を開催します。

後援(予定)

文部科学省、福島県、公立大学法人福島県立医科大学、日本放射線影響学会、日本放射化学会(順不同)

対象

一般の方や関係機関の方等、どなたでも

参加について

事前登録受付(メール・FAXにて)、なお当日参加も可能

参加費無料

開催内容

10時05分 ~ 12時05分 <口頭発表>

放射性物質環境動態調査事業の成果について

 

12時30分 ~ 14時 <ポスター発表>

放射性物質環境動態調査事業の成果について

 

14時 ~ 14時50分 <特別講演>

福島での健康リスクと価値:調査の意義、対話の意味

 

15時 ~ 15時50分 <総合討論>

放射線科学から見るこれからの福島

その他

 

・報告会開催中に撮影した写真や記録等は、報告書および広報資料として使用させていただく場合があります。参加にあたっては、あらかじめご了承ください。

交通のご案内

・最寄駅:JR 福島駅(西口より徒歩3分)

お問い合わせ

量子科学技術研究開発機構 量子医学・医療部門 高度被ばく医療センター福島再生支援研究部 

〒263-8555 千葉市稲毛区穴川4-9-1

TEL: 043-206-3056  FAX:043-206-3263   E-mail: fukushima-houkoku@qst.go.jp

案内チラシ

「放射線科学から見る福島の環境とその展望」開催案内 [PDFファイル/1.59MB]

 

 

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
Adobe Reader provided by Adobe is required to view PDF format files.