現在地
Home > 分類でさがす > お知らせ・ご案内 > ニュース > 量子医学・医療 > 量子医学・医療部門 > 日本初の国産PET装置「POSITOLOGICA-I」が『伝えたい千葉の産業技術100選』に登録されました

量子医学・医療部門

日本初の国産PET装置「POSITOLOGICA-I」が『伝えたい千葉の産業技術100選』に登録されました

掲載日:2020年4月13日更新
印刷用ページを表示

1979年に、放射線医学総合研究所(当時)と日立グループが共同研究により開発した、日本で初めての国産PET装置「POSITOLOGICA-I」が、千葉県立現代産業科学館が選定する『伝えたい千葉の産業技術100選』に登録されました。

それまで未知の領域だった「脳の機能が画像化できる」として、世界各国でPET装置の開発が進められる中、POSITOLOGICA-Iは当時としては高い性能を有していました。

その後も放医研は、PET装置だけでなく放射薬剤なども開発し、PETによるがんや精神・神経疾患の診断法などの研究を行ってきました。現在は、QSTとなり『がん死ゼロ健康長寿社会の実現』を目指して、それらの研究に量子科学技術を応用した量子イメージング研究を展開しています。

POSITOLOGICA-I

QST千葉地区内に展示中のPOSITOLOGICA-I

中央の穴の部分に人の頭が入ります

登録証

『伝えたい千葉の産業技術100選』 登録証

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?