現在地
Home > 分類でさがす > お知らせ・ご案内 > ニュース > 量子医学・医療 > 量子医学・医療部門 > 国際原子力機関(IAEA)の技術報告書が出版されました

量子医学・医療部門

国際原子力機関(IAEA)の技術報告書が出版されました

掲載日:2020年11月2日更新
印刷用ページを表示

​国際原子力機関(IAEA)の技術報告書「Environmental Transfer of Radionuclides in Japan following the Accident at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant」が出版されました。

IAEAの監修の元、東京電力福島第一原子力発電所事故直後から約7年目までの間の放射性セシウムの環境中での動きを数値化(パラメータ化)したものを、日本の専門家と海外研究者が収集・共同執筆しました。農作物、森林、河川、海域さらに食品の調理加工に関するデータが多数掲載されており、今後の線量評価に役立つことが期待されています。

高度被ばく医療センター福島再生支援研究部の研究者も執筆を担当した他、全体の取りまとめを行い、出版に貢献しました。

cover of the IAEA report

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
Adobe Reader provided by Adobe is required to view PDF format files.