量子生命・医学部門

次世代PET研究会 2023開催のご案内

掲載日:2022年11月22日更新
印刷用ページを表示

次世代PET研究会2023

概要

日時

2023年1月21日(土曜日)13時30分から17時00分

会場

QST千葉地区 重粒子治療推進棟2F大会議室とオンラインのハイブリッド開催

主催

量子科学技術研究開発機構(QST) 量子生命・医学部門

後援(予定)

応用物理学会放射線分科会、千葉大学フロンティア医工学センター、日本アイソトープ協会、日本医用画像工学会、日本核医学会、日本核医学会 核医学理工分科会「放射線科学とその応用」研究会、QST未来PET創造研究ユニット(50音順)

参加費

無料

対象 医療関係者、研究者、技術者など専門家向けの内容
申込

下記リンクよりお申込みください。(要参加登録:現地参加の方は2023年1月19日までにお申し込みください。また、現地参加希望者の人数が会場のキャパシティを超過した場合、それ以降の方はオンライン参加のみとさせていただきますのでご了承ください。)

申込フォーム

事務局 QSTイメージング物理研究グループ(担当:山谷泰賀、田島英朗、赤松剛、大野まどか)
E-mail:jpet@qst.go.jp
ダウンロード 次世代PET研究会2023チラシ [PDFファイル/415KB]

プログラム(敬称略)

 

(13時 受付開始)

 
13時30分

開会挨拶

茅野政道, QST 理事

イメージング物理研究サマリー 座長:張明栄, QST量子医科学研究所 先進核医学基盤研究部 部長
13時35分 次世代PET研究2016-2022 山谷泰賀, QST量子医科学研究所 先進核医学基盤研究部 
次長

脳PET

座長:高橋美和子, QST量子医科学研究所 先進核医学基盤研究部 主幹研究員

14時00分

(特別講演)
認知症疾患修飾治療(DMT)新時代に向けた脳PETの役割と次世代PETへの期待

石井 賢二, 東京都健康長寿医療センター研究所 神経画像研究チーム 研究部長

ポスター・機器展示(現地開催のみ)

座長:赤松 剛, QST量子医科学研究所 先進核医学基盤研究部 研究員
14時40分

重粒子推進棟地下セミナー室および分子イメージング棟2Fにてポスター・機器展示(70分)

 

Whole Gamma Imaging (WGI)

座長:河地 有木, QST高崎量子応用研究所 上席研究員

15時50分

第3の核医学イメージング法:
コンプトンカメラ(仮題)

田島 英朗, QST量子医科学研究所 先進核医学基盤研究部 主幹研究員


PET外科応用

座長:山田滋, QST量子生命・医学部門 QST病院 病院長

16時20分

鉗子型ミニPET開発:
外科治療はどう変わるか(仮題)

高橋 美和子, QST量子医科学研究所 先進核医学基盤研究部 主幹研究員
16時50分

閉会挨拶

内堀 幸夫, QST量子医科学研究所 所長

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
Adobe Reader provided by Adobe is required to view PDF format files.

量子生命・医学部門