現在地
Home > 分類でさがす > お知らせ・ご案内 > ニュース > 量子生命・医学 > 量子生命・医学部門 > 第58回アイソトープ・放射線研究発表会で若手優秀講演賞を受賞しました

量子生命・医学部門

第58回アイソトープ・放射線研究発表会で若手優秀講演賞を受賞しました

掲載日:2021年9月10日更新
印刷用ページを表示

2021年7月7日~9日に開催された第58回アイソトープ・放射線研究発表会に於いて、量子生命・医学部門 放射線医学研究所 放射線影響研究部 橘 拓孝 連携大学院生と、同部 天野 健太 QSTリサーチアシスタントが若手優秀講演賞を受賞しました。

演題は、

橘 拓孝 連携大学院生 「動物実験による放射線誘発B細胞リンパ腫の分子発がんメカニズム解析」

天野 健太 QSTリサーチアシスタント 「重粒子線被ばくによるマウスB細胞リンパ腫の発生リスク」です。

橘 拓孝 連携大学院生、天野 健太 QSTリサーチアシスタント

橘 拓孝 連携大学院生、天野 健太 QSTリサーチアシスタント