現在地
Home > 分類でさがす > お知らせ・ご案内 > ニュース > 量子生命・医学 > 量子生命・医学部門 > 第78回日本放射線技術学会総会学術大会で、川崎賞を受賞しました

量子生命・医学部門

第78回日本放射線技術学会総会学術大会で、川崎賞を受賞しました

掲載日:2022年4月26日更新
印刷用ページを表示

放射線医学研究所 放射線規制科学研究部 リスク評価グループの奥田 保男(情報基盤部長)が、第78回日本放射線技術学会総会学術大会で、川崎賞を受賞しました。

この賞は、被ばく低減活動や、標準化活動に顕著な業績を残した個人に授与されます。

今回の受賞は、16年間にわたる放射線機器ならびに医療情報関連の標準化事業と、医療被ばく研究情報ネットワークの事務局を務め2015年に我が国初の診断参考レベルの公表を通じた被ばく低減活動での業績が評価されたものです。

 

男性の顔

奥田保男 氏

 

量子生命・医学部門