現在地
Home > 分類でさがす > お知らせ・ご案内 > ニュース > 量子生命・医学 > 量子生命・医学部門 > 第126回日本医学物理学会学術大会で大会長賞を受賞しました

量子生命・医学部門

第126回日本医学物理学会学術大会で大会長賞を受賞しました

掲載日:2023年9月20日更新
印刷用ページを表示

量子医科学研究所 先進核医学基盤研究部 イメージング物理研究グループの寅松 千枝 主任研究員が、2023年9月15日から17日に開催された第126回日本医学物理学会学術大会で大会長賞特別賞を受賞しました。

受賞演題:重粒子線治療の臨床応用に向けたOpenPET開発機のコミッショニング

 

講演する女性​ 

寅松 主任研究員による発表の様子

大会長賞の賞状

表彰状