現在地
Home > 分類でさがす > お知らせ・ご案内 > ニュース > 量子生命・医学 > 量子生命・医学部門 > IEEE(北米電気電子学会)で若手研究者1名が栄誉ある賞を2つ同時受賞しました

量子生命・医学部門

IEEE(北米電気電子学会)で若手研究者1名が栄誉ある賞を2つ同時受賞しました

掲載日:2023年12月1日更新
印刷用ページを表示

量子医科学研究所 先進核医学基盤研究部のKang Han Gyu主任研究員がEdward J. Hoffman Early Career Development GrantとBruce Hasegawa Young Investigator Medical Imaging Science Awardを受賞しました。

Edward J. Hoffman Early Career Development Grantは、PETの発明者の1人であるEdward J. Hoffman博士の名を冠しており、医用イメージング分野を革新する可能性を秘めた優れた若手研究者に贈られます。本受賞は、世界最高分解能の小動物用PET装置の研究開発や、多数の学会発表、および筆頭著者としての多数の査読付き論文発表といった実績が評価されたものです。

Bruce Hasegawa Young Investigator Medical Imaging Science Awardは、医用イメージング分野において革新的な技術貢献をした若手研究者に贈られる賞です。本受賞は、新たな医用イメージング技術の開発、特に超高分解能小動物用PET装置に加えて、光学/ガンマ線ハイブリッド腹腔鏡、新しい医用画像装置のシミュレーションモデリング、半導体光センサーを用いたPET検出器の研究などが評価されたものです。

2023年11月9日に、カナダ バンクーバーで開催された国際会議(IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference)に於いて、受賞式が行われました。

パソコンを操作するスーツの男性

受賞講演するKang Han Gyu主任研究員

2つの盾

贈られた受賞盾

Edward J. Hoffman Early Career Development Grantについて(外部サイト)

Bruce Hasegawa Young Investigator Medical Imaging Science Awardについて(外部サイト)