現在地
Home > 次世代放射光施設整備開発センター > 次世代放射光施設の愛称募集

次世代放射光施設整備開発センター

次世代放射光施設の愛称募集

掲載日:2021年1月18日更新
印刷用ページを表示

杜の都に生まれる世界最先端の研究施設に愛称を付けよう!

 国立開発法人量子科学研究開発機構(以下、量研)、地域パートナー(一般財団法人光科学イノベーションセンター(以下、PhoSIC)、宮城県、仙台市、国立大学法人東北大学、一般社団法人東北経済連合会)は、幅広い分野の研究を飛躍的に発展させる世界最先端の研究施設として「次世代放射光施設」の建設計画を進めています(2023年度稼働予定)。次世代放射光施設全体のイメージを明るく表現し、親しみを持てるような素敵な愛称を募集します。愛称には以下を期待しています。

  1. 宮城県仙台市の東北大学青葉山新キャンパス内に建設される、世界トップレベルの研究施設、研究拠点であることを知っていただくこと
  2. 日本国内のみならず、世界中の方々にとっても親しみやすい愛称であること

Image

 この施設に素敵な愛称を付けて下さい。

応募方法

 こちらの応募フォームからご応募下さい。
 本応募フォームからのみ応募が可能で、郵送等での応募は受け付けておりません。

応募期間

 令和3年1月18日(月)から令和3年3月31日(水)17:00まで

応募資格

 個人であればどなたでも応募できます。応募はお一人5件以内でお願いします。

応募にあたっての留意事項

  1. 応募作品は未発表のものに限ります。既に商標登録等がされているものは、選考対象外となります。
  2. 採用された愛称、採用された方のお名前、在住都道府県(国外の方は在住国)は、ウェブページ等で公開させていただくとともに、報道機関に対して発表させていただきます。
  3. ハンドルネームや偽名など、本名以外で応募されたものは無効となります。
  4. 著作権等、採用された愛称の使用に関する諸権利は、全て無償で量研・PhoSICに譲渡していただきます。
  5. 応募内容は、量研・PhoSICの個人情報保護規程等に則り厳重に管理し、採用審査の用途に限り使用されます。 これらに記載されている個人情報は正当な理由なく第三者への開示、譲渡及び貸与することは一切ありません。
  6. 採用された方には記念品を差し上げます(採用された愛称に多数の応募があった場合は抽選により決定します。)
  7. 応募数が多い愛称が採用されるわけではありません。
  8. 応募にあたっては、上記の留意事項に同意いただいたものとさせていただきます。
  9. 応募された愛称の採用に関するお問い合わせには応じられません。

審査・発表方法

 「次世代放射光施設愛称選定委員会」において選考し、決定します。決定された愛称は、量研・PhoSICのホームページに掲載する他、報道機関等を通じて発表する予定です。採用者には別途お知らせいたします。

お問い合せ先

量研 次世代放射光施設整備開発センター 嶋田 義清 
 TEL: 070-3493-3395

PhoSIC 総務企画部 加納 雅明
 TEL: 022-752-2210