現在地
Home > 那珂核融合研究所 > 那珂核融合研究所_カナちゃんの那珂研レポート50-1

那珂核融合研究所

那珂核融合研究所_カナちゃんの那珂研レポート50-1

掲載日:2018年12月26日更新
印刷用ページを表示

Vol.50 1億度を測れる温度計

こんにちは、カナとなか博士です!
今日はすごいものが見ることができるからって、ご招待されたよ。
早速行ってみよう。

波多江博士と御対面
「こんにちは、波多江(はたえ)博士。」
「こんにちは、カナちゃん、なか博士。
今日は1億度を測ることが出来る温度計を紹介します。」
「わー、1億度?」

レーザーで温度を測るしくみ

「図を見ながらお話しようか。核融合反応で発生するプラズマは、1億度になるんだよ。こんなに高い温度だと」
「普通の温度計で測るのは無理?」
「そう!だから、レーザーで測ります。」
「レーザーって温度を測れるの?」
「そうなんだよ、びっくりした?」「した!」

波多江博士の講義
「今回の主役は、温度計のレーザー部分。とても強い光を使うんだよ。」
「そうなんだ。」
「このレーザーの光を針の穴ほどに絞りこむと なんと空気中にプラズマが発生しちゃうのです。」
「えー!!」
「今日はそのプラズマを特別に、カナちゃんとなか博士に見せちゃいます!」
「ピカピカする?」
「ピカピカして、バリバリします。」
「わーい、なんだかすごそう、楽しみだね博士!」「そうじゃな。」

では早速実験施設へ移動しましょう。

着替えた姿
「はい、これから温度計のあるお部屋に入ります。」
「波多江博士、どうしてこんな風に着替えなくてはいけないの?」
「レーザー装置にとって、ホコリは大敵なんだ。
部品の表面にホコリがついた状態で強力なレーザー光が当たると、焼きつきや損傷が発生してレーザー装置が故障してしまうんだ。
だから部屋に入る私たちからホコリをなるべく出さないように、着替えることは大切なことなんだよ。」
「わかりました!ところでどんな温度計なのかな。あんなかな?こんなかな?」

いよいよ温度計と対面!(次頁へ)

 

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?