現在地
Home > 量子生命・医学部門 > 2020年度プレスリリース

量子生命・医学部門

2020年度プレスリリース

掲載日:2021年3月5日更新
印刷用ページを表示

2020年度(2020年04月01日~2021年03月31日)

2021年3月5日

食習慣の改善が大腸がんの発生を抑制する可能性を示唆 ~カロリー制限したマウスで被ばくによる消化管腫瘍を予防する効果を明らかに~

2021年2月26日

放射線に関係した用語をやさしく説明―「やさしい放射線用語事典【第2版】」を電子書籍で無料配信―

2020年1月29日

「酸化ストレス」を検出する世界初の量子センサーを開発 -光とMRIを使い、生活習慣病や炎症から体を守る先制医療に向けて-

2020年12月18日

森林内の放射性セシウム動態の全容解明にむけて~森林に関するデータを整備し、その全体像を国際原子力機関から公表~

2020年10月30日

認知症治療薬開発へのとびらをひらくPET薬剤の開発に成功-脳内タウ病変の可視化による病態解明、早期診断、新規治療薬の開発促進に役立つ-

2020年10月27日

一瞬で超高線量の放射線をがんに照射するFLASHではどうして副作用が抑制されるのか?―その要因と考えられている現象を放射線化学的実験で初めて明らかに―

2020年10月1日

放射性薬剤から出る放射線のわずかな時間差により酸素濃度を計測できることを実証‐がん治療法の最適化にも役立つ新しいPETの実現へ弾み‐

2020年10月1日

過酷な月の宇宙放射線被ばく線量を縦孔利用で月表面の10%以下に―将来の月における有人長期滞在活動の実現に向けた重要な科学的知見―

2020年8月26日

微生物は紫外線下で長期間生存可能:国際宇宙ステーション曝露実験

2020年7月7日

脳の「スイッチ」にピンポイントで作用する薬剤候補を開発―すぐに効いて副作用のない精神・神経疾患の治療法としての応用に期待―

2020年7月1日 老年期うつ病を引き起こす可能性のある異常タンパク質を生体内で可視化‐老年期うつ病の治療・予防に光明が見えた!
2020年6月29日

遺伝子治療の効率を安全かつ大幅に高める肝内毛細血管コーティング剤の開発 -肝類洞における遺伝子治療薬クリアランスの制御-

2020年6月8日 顕著な抗がん作用を有する、生体に安全なナノ薬剤を開発 ― 「治す」と「みる」2つの機能をもつ光温熱材として、がん光温熱療法への応用に期待 ―
2020年4月1日 サルで“他者のこころを読む”脳部位を特定― 自閉症の脳病態を解明する動物モデルの開発へ新しい道 ―