現在地
Home > 六ヶ所核融合研究所 > 第16回IFMIF/EVEDA事業委員会の開催|ニュース

六ヶ所核融合研究所

第16回IFMIF/EVEDA事業委員会の開催|ニュース

掲載日:2018年12月26日更新
印刷用ページを表示

第16回IFMIF/EVEDA事業委員会の開催の画像

 2015年10月28日~29日の2日間、六ヶ所核融合研究所において、第16回IFMIF/EVEDA事業委員会が開催されました。日本から高津議長を含め委員3名と専門家7名、欧州から委員3名と専門家4名、ナスター事業長及び事業チーム員7名、書記1名、事務局1名の計27名が参加しました。今回の事業委員会では、主に、各活動の状況報告、IFMIF/EVEDA事業の2016年作業計画案、IFMIF/EVEDA事業全体の事業計画の改訂案等を審議しました。

 審議では、リチウム試験ループ等での試験を含んだ標的設備の日本貢献分のタスクが全て完了したこと、試験設備にかかる日欧のタスクが全て完了したこと、原型加速器の入射器の試験が順調に進み、所定の性能が得られることが確認されたこと等が報告されました。また、事業長から欧州での加速機器の整備状況等に鑑み改訂された原型加速器の試験工程が示されました。審議の結果、事業委員会は、原型加速器の所定の性能を達成するよう緊密な調整を実施するよう両実施機関に要請した上で、事業計画案を、2015年12月にイタリアのパドヴァで開催される第17回BA運営委員会に提出し、同委員会が承認することを勧告しました。その後、同計画案は運営委員会で勧告どおり承認されました。

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?