現在地
Home > 六ヶ所核融合研究所 > 核融合エネルギー研究開発部門の飛田部長が日本学術振興会から表彰されました。

六ヶ所核融合研究所

核融合エネルギー研究開発部門の飛田部長が日本学術振興会から表彰されました。

掲載日:2018年12月26日更新
印刷用ページを表示

 日本学術振興会から、核融合エネルギー研究開発部門 六ヶ所核融合研究所 核融合炉システム研究開発部 飛田健次(部長)が表彰されました。

飛田健次(部長)の画像
核融合エネルギー研究開発部門 六ヶ所核融合研究所 核融合炉システム研究開発部
飛田健次(部長)

表彰理由

 日本学術振興会では、学術研究の将来を担う研究者の養成・確保を目的とした特別研究員事業、研究者の国際流動性の促進を目的とした国際交流事業を行っていますが、その対象者の選考にあたっては専門的な見地から公平・公正な審査が行われます。これらの事業の特別研究員等の審査にあたる専門委員のうち2年目の約700名の中から、有意義な審査意見を付し公平・公正な審査に大きく貢献した専門委員130名が選考され、飛田部長はその一人として平成28年7月31日に表彰を受けました。

参考サイト:
日本学術振興会HP

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?