現在地
Home > 分類でさがす > お知らせ・ご案内 > ニュース > 量子ビーム > 高崎量子応用研究所 > CTBTO(包括的核実験禁止条約機関準備委員会)のロバート・フロイド事務局長のご視察がありました

高崎量子応用研究所

CTBTO(包括的核実験禁止条約機関準備委員会)のロバート・フロイド事務局長のご視察がありました

掲載日:2023年1月23日更新
印刷用ページを表示

CTBTOのロバート・フロイド事務局長のご視察がありました。

1月19日(木)にCTBTO(包括的核実験禁止条約機関準備委員会)のロバート・フロイド事務局長のご視察がありました。研究所の概況説明の後、当研究所に設置されている高崎放射性核種観測所(RN38)をご視察されました。

この観測所では、粒子状の放射性核種と放射性キセノンガスの放射能を測定しており、北朝鮮の核実験に関連した放射性キセノン等も検出しています。管理するJAEA(日本原子力研究開発機構)が、これらの活動を通してCTBT(包括的核実験禁止条約)の国際検証体制に貢献をしています。

観測所前での集合写真