現在地
Home > 分類でさがす > お知らせ・ご案内 > ニュース > 量子生命・医学 > 量子生命科学研究所 > 日本遺伝学会第95回大会においてBP賞を受賞しました

量子生命科学研究所

日本遺伝学会第95回大会においてBP賞を受賞しました

掲載日:2024年1月11日更新
印刷用ページを表示

日本遺伝学会第95回大会において、量子生命・医学部門の安田武嗣主幹研究員(量子生命研)、中島菜花子研究員(量医研)、谷中智子業務補助員(量子生命研)、田中泉主任研究員(放医研)らがBP(Best Papers)賞を受賞しました。

受賞演題は「ヒストン脱アセチル化および細胞内転写における量子効果」です。

BP賞受賞講演の紹介記事はこちら(12ページ目です)

受賞した皆さん

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
Adobe Reader provided by Adobe is required to view PDF format files.