現在地
Home > 放射光科学研究 > 放射光科学研究 | 磁性科学研究G

放射光科学研究

放射光科学研究 | 磁性科学研究G

掲載日:2019年7月25日更新
印刷用ページを表示

放射光科学研究センター
磁性科学研究グループ
グループリーダー 稲見俊哉

基礎電子物性の解明と新奇物質の設計につながる最先端X線散乱・分光手法の開発

本グループでは、放射光X線を利用して、磁性材料の内部を観察する手法の開発、強相関電子系のスピン・電荷ダイナミクスの研究、 先進的メスバウアー分光法の研究開発を行っています。

メンバー

稲見 俊哉 グループリーダー
三井 隆也 上席研究員
安居院 あかね 併任者(量子ビーム科学部門次世代放射光施設整備開発センター ビームライングループ 上席研究員)
石井 賢司 上席研究員
上野 哲朗 主任研究員
瀬戸 誠 客員研究員(京都大学複合原子力科学研究所 教授)
岩澤 英明 客員研究員(広島大学大学院理学研究科物理学専攻 特任准教授)
小出 明広 博士研究員

プレス発表

研究内容

知財マップ

装置

関西研だより

成果リスト

  • 準備中

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
Adobe Reader provided by Adobe is required to view PDF format files.