現在地
Home > 陽電子ビーム研究開発グループ > 受賞・プレス発表・特許

陽電子ビーム研究開発グループ

受賞・プレス発表・特許

掲載日:2023年9月14日更新
印刷用ページを表示

受賞・プレス発表・特許

受賞

公益社団法人日本表面真空学会 技術賞 令和元年度
受賞論文 「Observation of Low-Energy Positron Diffraction Patterns with a Linac-Based Slow-Positron Beam」e-J. Surf. Sci. Nanotech. 16(2018)313-319.
受賞者 和田健、白澤徹郎、望月出海、藤浪眞紀、前川雅樹、河裾厚男、高橋敏男、兵頭俊夫

平成26年度文部科学大臣表彰 科学技術賞 研究部門
受賞タイトル 「全反射陽電子回折法とそれによる固体表面物性の研究」
受賞者 河裾厚男、一宮彪彦、岡田漱平

独立行政法人日本原子力研究開発機構 研究開発功績賞 平成25年度
受賞タイトル 「スピン偏極陽電子ビームの開発とスピン物性の先駆的研究」
受賞者 スピン偏極陽電子ビーム研究グループ (河裾厚男、前川雅樹、深谷有喜)

第5回(2011年) 日本物理学会若手奨励賞
受賞論文 Phys. Rev. B 70(24), 245422 1-5 (2004), Phys. Rev. B 75(11), 115424 1-7 (2007), Phys. Rev. B 79(19), 193310 1-4 (2009).
受賞者 深谷有喜

独立行政法人科学技術振興機構・原子力システム研究開発事業若手表彰 平成20年度
受賞者 河裾厚男

社団法人日本表面科学会 技術賞 平成16年度
受賞論文「TopMost Surface Studies by Total Reflection Positron Diffraction」 eJSSN vol.1 152-157 (2004).
受賞者 河裾厚男、石本貴幸、深谷有喜、林和彦、一宮彪彦

独立行政法人日本原子力研究開発機構 研究開発功績賞 平成20年度
受賞タイトル 「シリコン表面上の銀吸着超構造の原子配列と相転移メカニズム」
受賞者 深谷有喜

日本原子力研究所 有効賞 平成14年度
受賞タイトル「反射高速陽電子回折技術の開発」
受賞者 河裾厚男

プレス発表

世界に先駆けた技術を用いて、酸化亜鉛に放射線を照射すると強磁性が現れる仕組みを解明 平成29年4月24日
上毛新聞(4/26)、化学日報(4/26)、他ウェブニュース等で多数取り上げて頂きました(感謝)。

非磁性体の電子スピンをありのままで観測 ~陽電子ビームの可能性の創出~ 平成27年4月13日
科学新聞(4/24) 記事掲載ありがとうございました!

全反射高速陽電子回折法「TRHEPD法」の高度化により究極の表面構造解析が可能に 平成26年4月21日
日刊工業新聞(4/30)、他ウェブニュース等で多数取り上げて頂きました(感謝)。

反射高速陽電子回折法によりシリセンの構造決定に成功 平成25年11月21日
日経産業新聞(11/22)、他ウェブニュース等で多数取り上げて頂きました(感謝)。

世界最高のスピン偏極率を持った陽電子ビームの開発に成功 ―電子スピンの新たな検出法の開発に道筋― 平成25年5月17日
原子力産業新聞(6/13)

世界最高レベルの収束度を持つ小型陽電子顕微鏡を開発 ―原子力材料のミクロな劣化診断が可能に― 平成19年12月7日
上毛新聞(12/7)、日刊工業新聞(12/7)、日経産業新聞(12/7)、電気新聞(12/7)、朝日新聞全国版(12/14)

高輝度陽電子ビームを用いて表面ナノ物質の原子立体配列の観測に成功 ―陽電子で物質最表面の顕微技術が可能に― 平成18年8月7日
上毛新聞朝刊8/8、日刊工業新聞朝刊8/8、日経産業新聞朝刊8/8、電気新聞朝刊8/8、原子力産業新聞8/24

陽電子を用いて新しい表面分析技術の開発に成功 平成13年11月12日
産経新聞11/12、原子力産業新聞11/22、科学新聞11/23、日本工業新聞11/13、化学工業日報11/14、東京新聞11/13、日刊工業新聞11/13、上毛新聞11/13

特許

反射高速陽電子回折の陽電子ビームを形成する方法 特開2001-351556

酸化亜鉛表層にn型伝導層を形成する方法 特開2005-277123

イオン注入による半絶縁酸化亜鉛の作製方法 特開2005-347525

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
Adobe Reader provided by Adobe is required to view PDF format files.