現在地
Home > 高崎量子応用研究所 > プロジェクト「RI医療応用研究」

高崎量子応用研究所

プロジェクト「RI医療応用研究」

掲載日:2019年5月7日更新
印刷用ページを表示

メニュー

メンバー

業績一覧

トピックス

プロジェクトの概要

プロジェクト「RI医療応用研究」では、原子力の平和利用の一環として、研究炉や加速器で発生させた量子ビームを利用し、社会に役立つ、特に医療分野に役立つ新しい放射性同位元素の製造法や利用法に関する研究開発を推進しています。

研究のねらい

放射性同位元素(RI)を医療分野へ応用するためには、そのRIが放出する放射線の種類、エネルギー及び半減期等が、利用目的に適したものである必要がある。そのため、我々は、相補的にRIを製造可能な原子炉と加速器を駆使して、目的の性質を持つRIを製造する技術開発を実施する。また、製造したRIを利用するためには、化学的純度を高める必要があるため、高純度精製技術・分離技術等の開発を行い、放射線利用に寄与する。

研究のねらいの画像

連絡先

〒370-1292 群馬県高崎市綿貫町1233
国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構
量子ビーム科学研究部門 高崎量子応用研究所
放射線生物応用研究部
プロジェクト「RI医療応用研究」

リーダー 石岡典子

Tel:027-346-9522
Fax:027-346-9688
ishioka_address

研究部のトップページへ

みなさんの声を聞かせてください

この記事の内容に満足はできましたか?
この記事は容易に見つけられましたか?

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
Adobe Reader provided by Adobe is required to view PDF format files.