現在地
Home > 高崎量子応用研究所 > 第650回高崎研オープンセミナー(リサーチ)「ドイツの最先端核医学と研究環境」

高崎量子応用研究所

第650回高崎研オープンセミナー(リサーチ)「ドイツの最先端核医学と研究環境」

掲載日:2022年1月13日更新
印刷用ページを表示

開催案内

高崎量子応用研究所では、高崎研オープンセミナーを下記の日程で開催いたしますので、是非ご参加いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

1.日 時: 令和4年1月25日(火曜日) 13時15分~14時45分

2.テーマ: ドイツの最先端核医学と研究環境

 (1)「ドイツの最新核医学診療事情と将来展望」
   ヴュルツブルク ユリウス・マクシミリアン大学 樋口 隆弘 氏 要旨 [Wordファイル/1.18MB]

 (2)「ドイツの研究環境-2年間の留学より-」
   量研 高崎量子応用研究所 大島 康宏 氏 要旨 [Wordファイル/126KB]

3.場 所:現地会場及びオンライン(Microsoft Teams)のハイブリッド開催 

   現地会場:量子科学技術研究開発機構 高崎量子応用研究所(群馬県高崎市綿貫町1233)

       【注意】録音・録画はご遠慮ください。

4.  開催趣旨: 

 量研ではα線放出核種を用いたがん治療(核医学治療)の研究開発を行なっています。そして、ドイツにおけるAc-225標識化合物の臨床成果により、この分野は世界中の注目を集めることとなりました。現在、ドイツは、この分野の世界最先端国家です。

 そこで、本セミナーは、ドイツにおける核医学診断と治療における研究開発の状況を知るとともに、世界最先端の研究を進める研究環境について、ご紹介いただくことを目的としています。

 本セミナーを通じて、世界最先端の研究を進めるシステムとその方法を学び、日本における課題を知ることで、将来の量研の研究開発能力が向上することを期待しています。

 

参加申し込み

このイベントにオンラインでご参加いただくためには、Microsoft Teamsの参加登録画面(別ウィンドウ)より登録が必要です。登録後、ご指定のメールアドレスに招待メールが届きますので、その案内に従いご参加ください。

現地会場でもご参加いただけますが、その場合は前日1/24(月)9:00までに、ご所属・ご氏名を以下のEメールアドレスまでご連絡をお願いいたします。

 連絡先:taka-soumu@qst.go.jp (担当:田畑)