現在地
Home > 量子生命・医学部門 > 2021年度プレスリリース

量子生命・医学部門

2021年度プレスリリース

掲載日:2021年9月24日更新
印刷用ページを表示

2021年度(2021年04月01日~2022年03月31日)

2021年10月12日

脳病態における回路の活動異常や病因タンパク質の蓄積が始まる過程の画像化に成功 ―認知症の理解と創薬への応用に期待―

2021年9月24日

iPS細胞に多数のマイクロサテライト変異があることを発見 ~より変異の少ないiPS細胞を用いた再生医療の実現に貢献~

2021年9月23日

悪性中皮腫に対する新しいα線標的アイソトープ治療薬候補を開発 ―既存の治療法では効果がない悪性中皮腫に新たな治療法として期待―

2021年9月8日

宇宙放射線の被ばく線量を低減する新たな宇宙船素材を発見 ―深宇宙探査用の宇宙船開発につながる重要な科学的知見―

2021年8月5日

量子操作で蛍光検出効率100倍に成功 ~ウイルス感染症の早期・迅速診断への応用に期待~

2021年7月5日

ヌクレオソーム中のH2A-H2Bテイルの動的構造を解明

2021年7月2日

「ご褒美がもらえる」と「大変だけど頑張ろう」の2つの『やる気』システムを解明 〜うつ病の仕組みとその改善法を知る上で重要な手がかり〜

2021年6月24日

中性子線の発がん影響の強さを正確に評価する方法を確立 - 世界の放射線防護基準の基礎となるデータの獲得が可能に -

2021年6月24日

「何を買うんだっけ?」と「どれにしよう?」を処理する2つの脳回路を明らかに -霊長類の生体脳で神経経路を可視化・操作する技術で解明、高次脳機能の理解へ大きく前進-

2021年6月21日

免疫チェックポイント阻害薬の治療効果をPET画像診断で予測する技術を開発 ― がん免疫療法の治療効果予測、個別化医療の実現への応用に期待―

2021年6月14日

国際宇宙ステーションの「きぼう」日本実験棟で約6年間、宇宙放射線に曝露された精子からマウスの作出に成功 -人類の宇宙生殖の可能性を示す-

2021年6月7日

膵臓がんの放射線治療抵抗性メカニズムを解明 ―治りにくく予後が悪い膵臓がんの効果的な放射線治療法開発に期待―

2021年5月24日

キラル分子の高感度・簡便な構造解析法を創出 ~創薬や材料開発を加速~