現在地
Home > 先進プラズマ研究開発 > JFT-2M研究(平成15年度停止)

先進プラズマ研究開発

JFT-2M研究(平成15年度停止)

掲載日:2018年12月26日更新
印刷用ページを表示

速波電流駆動の研究

 
電流分布制御による閉じ込め改善とトカマクの定常運転
進行波型アンテナ(コムラインアンテナ)を用いる
General Atomics との研究協力
  • 12個のアンテナ素子による鋭い指向性
  • アンテナ素子毎の整合、位相調整は不要
1
JFT-2M真空容器内に取付けた コムラインアンテナ

 

実験結果
  • 真空時からプラズマ負荷時まで整合調整不要
    => 速波予備電離実験に成果
  • Hモード遷移、ELM時の負荷変動も不整合の問題なし

 

電子サイクロトロン加熱と組み合わせて負磁気シア生成実験を行う。