現在地
Home > 先進プラズマ研究開発 > JFT-2M研究(平成15年度停止)

先進プラズマ研究開発

JFT-2M研究(平成15年度停止)

掲載日:2018年12月26日更新
印刷用ページを表示

JFT-2Mの紹介(高性能トカマク試験装置)

 
JFT-2M装置
JFT-2M装置
JFT-2Mのプラズマの様子
JFT-2Mのプラズマの様子

ギネスブックの画像

  • 日本原子力研究所に設置されている中型のトカマク型核融合試験装置
  • 世界中の研究者が実験参加しており、国内においては大学や国公立研究機関の研究者と幅広く共同実験を進めている
  • 核融合研究における数々の先駆的実験研究を進めてきた
    •     
    • ITER設計への物理データ提供
    • JT-60のための予備実験
  • 改造前のJFT-2装置の時、昭和天皇がご視察されている
  • 装置を動かす直流発電機は世界最大規模(97/98年版ギネスブック登録)
    この直流発電機は、阪神大震災の被害を奇跡的に回避し製造された
  • 装置の大きさJT-60, JFT-2Mの画像
      JFT-2M JT-60
    実験開始 昭和58年 昭和60年
    プラズマ大半径 1.3m 3.3m
    プラズマ小半径 〜0.35m 〜1m
    プラズマ電流値(最大) 50万アンペア 600万アンペア
     
  • JFT-2Mの役割

    JFT-2Mの役割の図