現在地
Home > 先進プラズマ研究開発 > 国内発表 | 日本物理学会2007年春季大会(物性)(2007年3月、鹿児島)

先進プラズマ研究開発

国内発表 | 日本物理学会2007年春季大会(物性)(2007年3月、鹿児島)

掲載日:2018年12月26日更新
印刷用ページを表示

日本物理学会2007年春季大会(物性)(2007年3月、鹿児島)

  • 篠原 孝司、"CHSにおける高速カメラを用いた損失イオン計測"
  • 相羽 信行、"トカマク周辺MHDモードの安定性に対するアスペクト比の影響"
  • 松永 剛、"アルヴェン固有モード減衰機構における運動論的効果"
  • 波多江 仰紀、"フーリエ分光に基づくトムソン散乱計測のための偏光干渉計の開発"
  • 上原 和也、"JT-60Uのデタッチプラズマにおける電子分布関数の評価"
  • 坂本 宜照、"モジュレーション荷電交換分光計測による内部輸送障壁構造"

 ■■■公式SNSアカウント■■■

 👇フォローお待ちしています!

 ■■■■■■■■■■■■■■■