現在地
Home > 先進プラズマ研究開発 > 若手科学者によるプラズマ研究会

先進プラズマ研究開発

若手科学者によるプラズマ研究会

掲載日:2018年12月26日更新
印刷用ページを表示

研究会設立の趣旨

 これからのプラズマ核融合研究を担う若い研究者同士で活発な議論を行い若手同士の横のつながりをつくることのできる、既成概念にとらわれない新しい研究会をつくる目的で平成10年に「若手科学者によるプラズマ研究会」をおこしました。この研究会は我々が呼びかけているものですが、原子力機構の研究に役立てることを目的としているのではなく、プラズマ核融合コミュニティ全体に資することのできるような場を提供することを目的として立ち上げました。また、プラズマの閉じ込め形式等に拠らない、更には核融合プラズマに限定しない横断的な議論を通じて、選定した主題に係わる物理の理解の一般化を目指しております。また、各研究成果の応用の幅の拡大と最新の知識を共有することでプラズマ研究の将来に資することを目的とします。

研究会の形式

主  題:
 年1回、毎回主題を変えて行ないます。その時点でタイムリーな主題を決定し、各研究機関で行なわれている実験(計測器開発も含む)・理論・シミュレーション等の研究成果の発表・議論を行います。
参 加 者:
 参加メンバーは固定せずに主題に応じて流動的なものとします。参加者の”若手研究者”の一つのガイドラインとしては20歳代後半(大学院生も含む)から30歳代を想定していますが、制限を設けてはいません。
発表形式:
 若手研究者の方々に核融合研究の最前線での研究課題、成果に触れていただく意味で国内の主要な研究プロジェクトにおける研究の概要に関する特別講演を設けています。
 また一般講演は、1件の発表をポスターとオーラル両方で行なうこととします(第7回だけは、オーラル発表する方はポスター発表もお願いし、またポスターのみで発表するのも可能とした)。これは、ポスターセッションにおいて自由に議論を行い各発表の内容をある程度理解しておいてからオーラルセッションに臨むことで、より活発で有意義な議論・意見の交換が可能となることを期待してのものです。

研究会ヒストリー

  • 第22回 主題「数値計算が拓く核融合研究の新局面 – 実験・理論研究のシナジー創出を目指して –」
    平成31年3月18日〜20日
    研究会事務局:井上静雄、佐野竜一、成田絵美
  • 第21回 主題「核融合炉実現に向けた理工学制御技術の進展 〜プラズマから工学機器まで〜」
    平成30年3月14日〜16日
    研究会事務局:若月琢馬、畠山昭一、丸山孝仁
  • 第20回 主題「若手研究者によるプラズマ・核融合研究の拡大」
    平成29年3月6日〜8日
    研究会事務局:若月琢馬、松山顕之、平塚淳一
  • 第19回 主題「広い領域にわたるプラズマ物理の理解を目指した次世代の計測及び予測技術の展望」
    平成28年3月14日〜16日
    研究会事務局:宮田良明、今澤良太、染谷洋二
  • 第18回 主題「プラズマ計測・制御技術の結集」
    平成27年3月4日〜6日
    研究会事務局:福本正勝、宮田良明、東條寛
  • 第17回 主題「核融合原型炉に向けたプラズマ制御・炉工学研究の現状と進展」
    平成26年3月5日〜7日
    研究会事務局:小田靖久、福本正勝、宇藤裕康
  • 第16回 主題「プラズマ輸送・閉じ込め物理の総合的理解に向けた予測・検証手法の進展」
    平成25年3月4日〜6日
    研究会事務局:本多充、白石淳也、相羽信行
  • 第15回 主題「核融合原型炉に向けた研究の現状と展望」
    平成24年3月14日〜16日
    研究会事務局:宇藤裕康、染谷洋二、谷川尚
  • 第14回 主題「周辺プラズマから対向壁までの物理的・工学的研究の現状と展望」
    平成23年3月7日〜9日
    研究会事務局:星野一生、福本正勝、関洋治
  • 第13回 主題「プラズマ加熱・制御技術の進展と展望」
    平成22年3月10日〜12日
    研究会事務局:小島有志、小林貴之、戸張博之
  • 第12回 主題「プラズマ中の現象の解析手法・モデリング・予測の新展開」
    平成21年3月16日〜18日
    研究会事務局:相羽信行、吉田麻衣子、諫山明彦
  • 第11回 主題「プラズマ中の現象の視覚化とその展望」
    平成20年3月17日〜19日
    研究会事務局:松永剛、篠原孝司、相羽信行
  • 第10回 主題「ITERに向けたプラズマ科学の新展開」
    平成19年3月14日〜16日
    研究会事務局:浦野創、松本太郎、松永剛
  • 第9回 主題「燃焼プラズマに向けた計測と制御」
    平成18年3月15日〜17日
    研究会事務局:鈴木隆博、浦野創、藤本加代子
  • 第8回 主題「不安定性とプラズマの振る舞い」
    平成17年3月16日〜18日
    研究会事務局:仲野友英、鈴木隆博、吉田麻衣子
  • 第7回 主題「燃焼プラズマに向けた研究の現状と展望」
    平成16年3月17日〜19日
    研究会事務局:林伸彦、古川勝
  • 第6回 主題「輸送と構造形成」
    平成15年3月5日〜7日
    研究会事務局:坂本宜照, 仲野友英, 大山直幸
  • 第5回 主題「周辺プラズマ及びプラズマ・材料相互作用」
    平成14年3月4日〜6日
    研究会事務局:坂本宜照, 仲野友英, 大山直幸
    Ref. Journal of Plasma and Fusion Research Vol.78, No.5(2002), pp471.
  • 第4回 主題「定常化研究」
    平成13年2月26〜28日
    研究会事務局:及川聡洋, 坂本宜照, 仲野友英
    Ref. Journal of Plasma and Fusion Research Vol.77, No.4(2001), pp386-387.
  • 第3回 主題「プラズマ中の電場形成と役割」
    平成12年1月31日〜2月2日
    研究会事務局:及川聡洋, 坂本宜照
    Ref. Journal of Plasma and Fusion Research Vol.76, No.12(2000), pp1319-1320.
  • 第2回 主題「プラズマ中の揺動と不安定性」
    平成11年2月15日〜17日
    研究会事務局:及川聡洋, 竹永秀信, 坂本宜照
  • Ref. Journal of Plasma and Fusion Research Vol.75, No.3(1999), pp301-302. JAERI-momo 11-083, 1999年5月 及川聡洋, 竹永秀信, 坂本宜照.
  • 第1回 主題「プラズマ粒子制御」
    平成10年1月21日〜23日
    研究会事務局:鎌田裕, 及川聡洋, 竹永秀信
    Ref. JAERI-memo 10-089, 1998年3月 鎌田裕, 及川聡洋, 竹永秀信

研究会運営/連絡先

 若手研究者にとって常に新鮮で魅力的な場であるために、研究会の運営は企画から実行まで全て量研機構の若手によって行われています。また、運営担当の若手メンバーを2、3年毎に入れ換えていくことにより、発想の硬直化を防ぎ、新しい人による新しい研究会像を創り続けていくことを目指しています。プラズマ核融合コミュニティにおける本研究会の役割を常に問い直しながら毎年の研究会の企画を行っています。
現在の研究会事務局及び連絡先は以下です。
若手研究会事務局:
井上 静雄(いのうえ しずお)、佐野 竜一(さの りゅういち)、成田 絵美(なりた えみ)
連絡先:
〒311-0193 茨城県那珂市向山801-1
量子科学技術研究開発機構 先進プラズマ研究部内
TEL : 029-270-7023
FAX : 029-270-7419